スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のつづき!

昨日の続きを。
というかぶっちゃけこっちを見たことが早いです↓

月とだんごのRO魔術書簡(さつきさん)

トールペアについて非常に細かく書かれているサイト様です。
僕もトールペアは最近やり始めたばかりなので、すごく参考にしてます(´v`*)
これを機にリンクしてしまおう・・・。

「ところごぎっちょん!それでも俺にはなんとなく分からないんだ!?」

っていう中川さんみたいに奇特な人は見てみてください。
さつきさんのところのをマジwiki風に変えただけですが・・・。

~プレイヤーが剣Gより北側にいる場合~

     壁

―――――――――
□□□□
□□□□□□□
□□□□IW□□□
□□□□□
□□□□□
□□IW□□□□
□□□□□□□□
□□□□□□□□
□□□□□□□□□



北側はこんな感じ。
オレンジのWは斜めで出したときの火柱追加発生分です。

0.視点を壁が北に来るように変えます。(個人的に壁が北にある位置が一番見やすいと思うからです
1.プリの2セル↓にIWを置きます。
2.IWの一番↓側のセルの隣にFWを置きます。
3.はじめにIWを置いたセルから3セル↓にIWを設置。
4.QM→AMPSG、プリさんはそれに合わせて離脱。(QMは効果が続いているのなら不要です。

北側は2,3の位置がちょっと分かりづらいんですよね。
試してない人は、南側はFWの追加火柱が通常と違うので南側のほうがやりづらいと思われることが多いですが、実際は南側の場合はIW、FW、IWの設置が一直線なので僕としては南側のほうがやりやすいです。

ただ、もしかしたら僕の書き方でやると魔から見たところから遠い方の位置に剣Gを置いた場合、飛んでしまうかもしれません。(後で試してみます。

昨日書いた南側もくっつけておきます。

~プレイヤーが剣Gより南側にいる場合~

南側からの斜め無双ハメはこんな感じ。

  l□□□□□□□□
壁l□□□□
  l□□□□
  lIWIW□□
  l□□□
  l□□□□□□
  l□□□□□□□
  l□□□□□□□□

 


南側は、

0.視点移動させて壁を北側に持ってくる。
1.プリの2セル↓にIW。
2.さらに2セル↓にFW。
3.出したFWの1セル↓にIW。
4.QM→AMPSG

でうまく行くはず。
がんばって!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ありがとさん!
やっぱ図で見るとすごい分かりやすい(*n'ω'n)
3連休にでも試そうぜ!

Re: No title

>中川さん

俺は書いてる途中よくわかんなくなってきたけどね!
まあいい加減レアだそう(´v`*)
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。